1月26日から31日まで新宿眼科画廊さんで個展を開催します。

個展までいよいよ2週間ちょっととなってしまいました。ここまで準備が遅れている個展は初めてでして、かなりテンパっております。

今回の展示のテーマは、2016年5月から撮り続けている「死後」です。自分なりの世界が描けていると伝わったら嬉しいです。

本展示のフォトブックも現在制作中です(印刷中ではない)。
A5判 16ページと小ぶりですが、いい味出してくれると思っています。

また、前回の個展(2012年11月)で発行した写真集「File04:星止」も、大幅値下げで販売します。

新宿眼科画廊さんでは年末からアップいただいていますが、展示詳細です。

展示詳細

2018年1月26日(金)~31日(水)
12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊
No Reason「File 05: 死後」
新宿眼科画廊 スペースS

展示概要

この度、photographer Masashi Furukaは、現代日本における疑似死体をモチーフとした写真作品シリーズ No Reason の第5回展示「File 05: 死後」を、5年2ヶ月ぶりに開催いたします。

毎年自殺者が2万人を越え、通り魔殺人や無差別大量殺人などが後を絶たないという現代の日本。
日常生活においてはこういった生死に関わる深刻な問題が、ある種の事なかれ主義によって覆い隠されているかのように感じられることはないでしょうか。
この展示では、現代の日本社会における「生と死」を問い直すことを狙いとしています。
ぜひ、ご高覧いただき、講評を賜りたく、ご案内申し上げます。
※遺書などがない自殺はこれに含まれない。一説によると自殺者数は年間5万人を軽く超える

作品案内

日本――年間3万人を超える自殺者、後を絶たない無差別大量殺人。「生と死」が日常から隔離され、メディア空間の中でのみリアルな輝きを放つようになってから、もうどれぐらい経ったのだろう。
この作品は、現在そしてこれから日本に生きる(死ぬ)わたしたちの日常に再び「生と死」を取り戻す試みとその記録である。

プロフィール

東京在住。Gonos Studio代表。フリーカメラマン。
Emergent Artist(Emergent Artist Award2011-2012,36位,Dubai)

主な活動 (2010年以降)

10年5月No Reason「File 02: 死例 013-025」@新宿眼科画廊
10年11月No Reason「File 03: 死例 000-035」@新宿眼科画廊
12年11月No Reason「File 04: 星止」@新宿眼科画廊
17年6月「。展」企画・プロデュース・作品展示@artmania cafe gallery yokohama

協力

プリント協力:株式会社イーストウエスト
主催:Gonos Studio Co., Ltd.

ご高覧いただけると幸いです。なお在廊予定ですが、週末の土曜日日曜日を中心に、平日は夜になると思います。詳細などはTwitterでつぶやく予定です。

よろしくお願い申し上げます。

53 No Reason 第43回撮影

43回目の撮影日は2017年9月のある日。毎度毎度間が空くことが習慣になってしまっていて、前回の撮影から7ヶ月が経っていた。

その間、展示を2回(「。展」「カレイドスコープ#002」、いずれもグループ展)を経ていたので、それを言い訳にするのは容易いのだが。延ばし延ばしになるのは本意ではないので、この2回の展示の間に個展開催を決意した。

 

今回のモデルは、俺が共同主宰した「絵露愚乱末世4」のイベントや、出展していた「カレイドスコープ#002」のイベントでも舞踏を披露してくださった大岩英夫(現 大岩 巌)さん。

筋金入りの美術家であり舞踏家。どちらのイベントでも堂々とした路上での舞踏パフォーマンスは見る人を魅了した。彼の作品が所狭しと並ぶ高円寺のご自身の居酒屋は、なんというか、とても清らかだ。

実は大岩さんを撮影する前に、モデルさんは二人決まっていた。しかし、大岩さんにモデルになっていただくことをお店にお邪魔して打診した際、すぐにオッケーをいただいたのと、今週末に踊るよ!と聞いたので、ならその場で撮ろうということに決まってしまった。

もちろん、今回も多重露光撮影。しかも今回はぶっつけ本番。大岩さんがどう踊るのかもわからない。でも撮れると確信していたし、撮るしかないという覚悟があった。

撮影日の数日前、台風が関東に接近することをテレビでは囃し立てていた。当日、暗い曇り空。野外で多重露光をするには絶好の条件。イベント会場に昼過ぎに到着するも大岩さんが見つからない。

思い切って携帯電話に電話すると、なんとか空も持ちそうだし、4時前後から準備を始めると聞いたので、チャンスだ、と思った。

 

そして、4時前に公園に行くと、大岩さんが着替えつつ、身体に白粉を塗って準備を始めていた。どこらへんで踊るのか、どれぐらいの時間踊るのか、ぐらいしか聞かず。

 

 

待ち時間の間、俺が準備したのは、イベント会場の近くにある、たまたま見つけた花屋で、たまたま見つけたひまわり。

 

大岩さんは踊り続ける。

俺は多重露光(今回は三重)を何度も何度も繰り返す。大岩さんを撮っては、振り返り移動して花を撮るをひたすら繰り返す俺を、たぶんその場にいた人は何をしているのか、ほぼ意味がわからなかっただろう(苦笑

小一時間ほどして、撮れたことを確信した俺は、大岩さんの記念になりそうな写真を撮ることにシフト。

踊り終わった大岩さんにお礼を言って、プリントをお渡しすることを約束した。

撮り終わってから、いくつか不幸なことが重なり、結局この写真を完成させたのは10月に入ってからだ。

そして、ようやく個展を告知できるところまで来ることができた。

 

来年の1月、新宿眼科画廊でお会いしましょう。

明日15日から23日まで高円寺で展示します。

暑いですね・・・。「。展」も終わり、バタバタしているうちに告知が遅れてしまいました。申し訳ありません。

高円寺の「Gallery Cafe 3」さんの企画展に出展します。
在廊日はいまのところ、初日はできるだけいようと思っておりますが、参加者も多いことから、居場所があるかどうかわかりません(笑

よろしくお願いいたします。

高円寺の Gallery Cafe 3 さんの企画展示にお誘いいただきましたので、僭越ながら出展させていただきます。
3 さんは私が初個展をした「百音(もね)」という店があった同じ場所にあり、店も店主も変わったのに、いまだ当時のお客さんが多く通ってらっしゃる素敵な(不思議な)お店です。

017年7月15日 土曜日より、7月23日 日曜日まで、
Gallery Cafe 3 企画展#002 「カレイドスコープ」を開催予定です。
昨年に引き続き、3にゆかりのある表現者のみなさんにご協力いただき、多彩な表現の共演をお楽しみいただきたいと思います!
参加予定作家(順不同、敬称略)
佐藤藍子 浜崎仁精 林 明日美 堀江裕子 團上祐志 坡山海香 人見 将 Masashi Furuka 川村双葉 斎藤史佳 雅yuki Yoshida

イベント告知Facebookページはこちら

ここだけで話す「。展」のこと。

もうすでに日が変わってしまったが、昨日(6月24日)「。展」が無事スタートした。前日遅くまで設営を手伝ってくれた作家さん達、開催初日の朝にお集まりいただき速やかに設営いただいた作家さん達、そして高円寺よりはるばる遠征していただいた針金氏にお礼を申し上げたい。

みなさんのおかげで、無謀とも思える42組が集まったグループ展「。展」が無事開催にこぎつけることができました。本当にありがとうございました。

「。展」の告知サイトartmania cafe gallery yokohama のサイトをご覧いただいている方には既報のとおり、artmania cafe gallery yokohama(以下、artmania と略) をこの7年間、運営されてきた富田さんが運営から退かれます。

突発的かつ衝動的に「。展」の企画を思いつき、火がついたように行動を起こしたのは、そのような事情があったのです。5月9日の日記では明かせなかったのですが。

開催まで2ヶ月もない時点からはじまった展示企画に、快くご賛同いただいた参加作家のみなさまには頭が上がりません。本当にありがとうございます。

実は、俺がこの企画を思いついた時にひとつだけどうしても避けたいことがあったのです。
「身内だけの集まりのような展示」になること。それだけは避けたかった。

いくら想いを寄せる人が多かったとしても、身内だけの盛り上がりって、ある意味部外者にとっては興ざめじゃないですか。数多くのお客さんに来て欲しくて、さらにいままで来たことがない方にも来ていただいて、artmania を記憶に留めて欲しいのに、「身内だけの展示ではお客さんも身内しか来ない」ということに成り兼ねない。

そんなことになるのなら、グループ展なんてしなくていいんです(笑
身内にだけ集まろうと声をかければいいだけなのだから。

なので、いろんな作家仲間に参加をお願いし始めた日からartmania で展示したこともない人に声をかけていた。

図らずも、その意を汲んでくれた作家さんは、artmania には関係のない実力ある作家さんや、才能ある若い作家さんを参加に導いてくれた。

そうしたこともあって、展示初日に俺は「主催のMasashi Furukaです」と自己紹介することが多かった。
これは俺が望むところで、新しいつながりだ。

俺とのつながりだけではなく、ここで出会った作家さん同士の新しいつながりが生まれてゆく。

もちろんartmaniaにゆかりある人にも声をかけた。いろんな理由でここから遠ざかってしまった作家さんも、「最後だから」と喜んで引き受けてくださった。ありがたかった。

つながりを再確認することができた。

そして、長くはなるが、「。展」のキャッチコピー、「これまでも、これからも、作品はぼくたちをつないでいく」について、もう少しだけ書き残したい。

実は、というほどでも無いのだけれど、絵露愚乱末世4のあと、「もう当分グループ展はやらなくていいか」と考えていた。いろんな理由はあるのだけれども、絵露愚乱末世4のステートメントでは”現代の社会状況によって作品の評価や人間の関係性(=つながり)が脅かされていることへの警鐘”を、「誰かと誰かをつなぐアート。それが彼らの未来へつながる。」という日記では”誰かに届けと想いを込めた作品が新たなつながりを生んでほしいという願い”を危機感を伴って伝えようとしていたのだけれど、簡単に言えば、俺の願望は社会状況に対抗すらできなかった。

当然と言えば当然だ。

そういうこともあって「。展」の企画当初には「いまあるつながりを大事にしよう」というシンプルかつ至極当たり前ともいえる心境だった。これまでの作家仲間とのつながりを再確認し、それを信じることからはじめようと。

そして彼らの作品が持つ力、作家としての力を信じようと。

ある意味、絵露愚乱末世4のステートメントを考えていた時の心境とは、まったく異なる心境で、「。展」のキャッチコピーは生まれた。

これまでも、これからも、作品はぼくたちをつないでいく

そのキャッチコピーに込めた想いを、41組の作家さんが思い思いに汲んでいただき、一箇所に集った作品達は、artmania cafe gallery yokohamaの歴史の最後の幕引きとなる。それは終わりではなく、はじまりなのだ。

俺はいま確信している。

これまでのつながりは、これからもつながっていく、と。

これからのつながりは、これまでのつながりがあって、生まれていく、と。

 

 

暑い梅雨のなか、熱い展示がはじまった。

このグループ展が終わった時、それは新たなはじまりになる。

40人のグループ展
「。展(まるてん)」
これまでも、これからも、作品はぼくたちをつないでいく

2017年6月24日(土)〜6月30日(金)
12:00 – 19:00
入場無料
※開催期間内は毎日営業
artmania cafe gallery yokohama 2F,3F

NABEKAORUCokun, / keiko kawano / 工藤沙由美 / 中村美帆 / 稲垣有 / 立川瑛一朗 / おおくぼゆみこ / フジタユウコ / フジタヨーヘー / かまたきえ / 大慶 / なかがわ寛奈 / 綺桜シンヤ / 山田フユウ / 山本梢 / 蒼鬼ハル / kugi hatori / +++wakame+++ / 玉川宗則 / シブヤトシアキ / me9ru /ド鍋 / 丸子眞由ZERO Stage / HODA / Oedo Collection / 羽多野加与 / 雅yuki Yoshida / an-fill / 穂波 / ponicomonyura / ZomVuitton / YU奇 / 黒故 / Tina-OmemeKARe→? / 黒滝ゆう / おおのあやか / 星之杏奈 / Bunny.D / Masashi Furuka 他
(順不同)

「。展」告知サイトはこちら