<告知>No Reason 「File03:死例000-035」

masashi_furuka写真展
No Reason 「File03:死例000-035」
My next photo exhibitions' flyer

◆展示概要
2010年11月12日(金)~17日(水)
12:00~20:00(展示最終日~17:00)
新宿眼科画廊 スペースM
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11
TEL: 03-5285-8822
URL:http://www.gankagarou.com/

現在日本は、毎年自殺者は3万人を越えているほか、
通り魔殺人や無差別大量殺人などが後を絶たないという社会。
生死に関わる深刻な問題がある一方で、日常生活においてはこういった深刻な問題が、
ある種の事なかれ主義によって覆い隠されているかのように感じられることはないでしょうか。
この作品は、モデルの方々(女子大生をはじめ自殺未遂経験者、リストカット経験者、
鬱病発症者などさまざま)へ疑似死体体験を通じてあらためて自分の生死について
俯瞰して見る機会を提供するとともに、作品を見る方に対しては現代の日本社会における生死への無関心さへの気付きを促すことを狙いとしています。
ぜひ、ご高覧いただき、講評を賜りたく、ご案内申し上げます。

■作品案内
日本――年間3万人を超える自殺者、後を絶たない無差別大量殺人。
「生と死」が日常から隔離され、メディア空間の中でのみリアルな輝きを放つようになってから、もうどれぐらい経ったのだろう。
この作品は、現在そしてこれから日本に生きる(死ぬ)わたしたちの日常に
再び「生と死」を取り戻す試みとその記録である。
■会期中のイベント
2010年11月13日(土)masashi_furuka写真展オープニングイベント
15:00 オープニング撮影会「みんなで疑似死体」
※要予約(定員30名)
参加費:無料

オープニング撮影会「みんなで疑似死体」では、
ご参加いただく方々に疑似死体モデルになっていただきます。
新宿眼科画廊近くの公園で大勢の人が細菌ガスで一瞬で死んでいる、という設定で
す。
俯瞰写真と、お一人ずつを撮影し、当日のオープニングパーティで映写致します。
*服装は自由、雨天中止です。

撮影会に参加希望の方は、件名に「11月13日撮影会予約」と記載して頂き、
本文に・お名前・メールアドレスをご記載の上、以下のアドレスにメールをお送り下
さい。
折り返し詳細をご連絡させて頂きます。
〔メール〕event@gankagarou.jp

撮影会後、18:00~ オープニングパーティ(※参加自由)

==============================

なお、作品の詳細説明は特設ページをご覧ください。

今回のFile03では、これまでの2回の展示と異なります。
ポイントは以下の通りです。

■今回はスペースMです。
これまでのFile01、02は、スペースOという奥の一部屋で展示を
連続して行っていましたが、今回は、道路に面している目立つ
スペースです。
単純に目立ちたいからですww

■「File 03: 死例 000-035」というタイトルについて
これまでは新作のみ展示していましたが、スペースが変わることで、
展示のコンセプトもこれまでとは異なります。000からということは・・・
ご想像にお任せします。

■オープニングイベントが撮影会!
File01のときに簡単な飲み会を行いましたが、今回はなんと
撮影会をやっちゃいます!! パーティも画廊内でやっちゃいます!!

撮影会へ参加ご希望の方は、お手数ですが、
event@gankagarou.jp
へメールをお願いします。

File02はFile01と同スペース、同コンセプトの展示でしたが、
File03はコンセプトが異なります。

みなさまのお越しをお待ちしております。


より大きな地図で 新宿眼科画廊 を表示

No Reasonのライトニングトーク動画。

先日のartmaniaさんのイベントで
私が行ったライトニング・トーク(短い時間でのプレゼンテーション)です。

5分の制限が、6分30秒ほど喋ってます(汗)
抗不安剤も処方通りにしか飲んでおらず、
かなり緊張してますw

短縮URLは、http://bit.ly/col5iC です。

画面が見づらいのですが、プレゼンテーションに使った資料は下記からダウンロードできます。
PDFファイルで1MBほどです。
http://masashi.furuka.info/photo//pz100911.pdf

鎌倉detox

※写真はすべて携帯のカメラです(汗)

先週の土曜日(8月7日)は、
ひさびさに鎌倉に出かけた。

というのも、用事があって、次回出席するイベント「空前絶後アートアニマ」の下見会に出席するため。(主催は、artmaniaさん)

鎌倉はもう何十回も行っているお気に入りの場所なので、せっかく行くのだからと、はりきってちょっと早めに出かけた。

いつもの通り、北鎌倉駅で下車。

降りると、すぐに蝉の声に包まれる。
のどかな駅舎が郷愁すら沸き立たせる。
オレの故郷にはこんな駅舎はないのだけれど。

いつも通りに、鎌倉に向かって歩き始める。
線路を越えて、ビーフシチューの名店を過ぎる頃、
いつもとは違うルートに行きたくなった。

右方向に折れると、「銭洗弁財天」へ行けるという道案内があった。
もちろん銭洗弁財天へは行ったことがあるけれど、北鎌倉からは
行ったことがない。

「亀ヶ谷坂切通」という案内があるが、気にせずGO!
ものの3分もすると、坂が表れ、すぐに切通しの崖に遭遇。
足を止める。
蝉の声に包まれ、心地よい午前の風と、木の葉に和らげられた
光が心地よい。しばしの間、癒される。

そしてまた平坦の道を歩き、源氏山公園へ。

すると今度は、切通しの崖「仮粧坂切通」が。

サンダルなんですがww

普通に上っても、5分もかからないので、
まったくなんてことない石道なのだが。
途中でしばし休憩。
ここでもしばらく癒される。もうこれで、ほぼ気分爽快。

源氏山公園に出ると、もう銭洗弁財天はすぐだ。
坂道を降りて、銭を洗う。
万札2枚を洗った←

もちろんざる、ねw

で、このまま坂道を降りると、行ったことがある道なので、
源氏山公園まで引き返して、源頼朝像を拝んだ。
けっこう地味なのだ・・。

で、鎌倉駅へ。

顔合わせは有意義だった。
気になる方は、artmaniaさんのブログで紹介されていますので、そちらをご覧ください。私も写っていますww

で、みなと別れて、しばし休憩してから、
お気に入りの鎌倉宮へ向かう。

その途中、るかの好きな蓮の実を撮影。

携帯カメラでは、これが限界かな。

鎌倉宮は閉館時間間近で人も少ない。
お参りする。
いつもの通り、厄除けの皿に息を吹きかけ、思いっきり割る。

すっきりして、鎌倉駅へまた戻る。

鎌倉駅へ着くと、なんだか無性に海が見たくなり(笑)
由比ヶ浜へ。

一人、ビールを片手に膝まで海水に浸かり、
デトックス完了!!

実にこの日は3万歩以上歩いた。

本当は、この後、次の日の朝まで寝なかったのだけれど、
その話はヒミツと言うことで。

久々のスナップ

飯田橋からお茶の水辺りまで。

久々のスナップは、

光と影の

見方を

チューニングしてくれた。

たまには

するもんだね。

いい感じで今日の撮影に臨めそう。

アラーキー大先生が本で、
人を撮る前に街をスナップすると調子がいい、
と言っていたが、オレもそう、そういう感じよくわかる。

D3 snaps

D3 snaps

D3 snaps

意外

日曜日に撮影した写真を1枚アップ。

mixiでちょろっと公開したら、

意外と反応が良くてびっくりw

マイミクの人たちって、意外とこういうのが
好きなんだなぁ、とあらためて思ってみたり。

現場は(いろいろな意味で)安全第一だから、
怖かったりはしないんだけど、
冷や冷やしてたりもします。

オレがバスタブに上ってたりとか、
みている方が冷や冷やするかとww