1月26日から31日まで新宿眼科画廊さんで個展を開催します。

個展までいよいよ2週間ちょっととなってしまいました。ここまで準備が遅れている個展は初めてでして、かなりテンパっております。

今回の展示のテーマは、2016年5月から撮り続けている「死後」です。自分なりの世界が描けていると伝わったら嬉しいです。

本展示のフォトブックも現在制作中です(印刷中ではない)。
A5判 16ページと小ぶりですが、いい味出してくれると思っています。

また、前回の個展(2012年11月)で発行した写真集「File04:星止」も、大幅値下げで販売します。

新宿眼科画廊さんでは年末からアップいただいていますが、展示詳細です。

展示詳細

2018年1月26日(金)~31日(水)
12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊
No Reason「File 05: 死後」
新宿眼科画廊 スペースS

展示概要

この度、photographer Masashi Furukaは、現代日本における疑似死体をモチーフとした写真作品シリーズ No Reason の第5回展示「File 05: 死後」を、5年2ヶ月ぶりに開催いたします。

毎年自殺者が2万人を越え、通り魔殺人や無差別大量殺人などが後を絶たないという現代の日本。
日常生活においてはこういった生死に関わる深刻な問題が、ある種の事なかれ主義によって覆い隠されているかのように感じられることはないでしょうか。
この展示では、現代の日本社会における「生と死」を問い直すことを狙いとしています。
ぜひ、ご高覧いただき、講評を賜りたく、ご案内申し上げます。
※遺書などがない自殺はこれに含まれない。一説によると自殺者数は年間5万人を軽く超える

作品案内

日本――年間3万人を超える自殺者、後を絶たない無差別大量殺人。「生と死」が日常から隔離され、メディア空間の中でのみリアルな輝きを放つようになってから、もうどれぐらい経ったのだろう。
この作品は、現在そしてこれから日本に生きる(死ぬ)わたしたちの日常に再び「生と死」を取り戻す試みとその記録である。

プロフィール

東京在住。Gonos Studio代表。フリーカメラマン。
Emergent Artist(Emergent Artist Award2011-2012,36位,Dubai)

主な活動 (2010年以降)

10年5月No Reason「File 02: 死例 013-025」@新宿眼科画廊
10年11月No Reason「File 03: 死例 000-035」@新宿眼科画廊
12年11月No Reason「File 04: 星止」@新宿眼科画廊
17年6月「。展」企画・プロデュース・作品展示@artmania cafe gallery yokohama

協力

プリント協力:株式会社イーストウエスト
主催:Gonos Studio Co., Ltd.

ご高覧いただけると幸いです。なお在廊予定ですが、週末の土曜日日曜日を中心に、平日は夜になると思います。詳細などはTwitterでつぶやく予定です。

よろしくお願い申し上げます。

53 No Reason 第43回撮影

43回目の撮影日は2017年9月のある日。毎度毎度間が空くことが習慣になってしまっていて、前回の撮影から7ヶ月が経っていた。

その間、展示を2回(「。展」「カレイドスコープ#002」、いずれもグループ展)を経ていたので、それを言い訳にするのは容易いのだが。延ばし延ばしになるのは本意ではないので、この2回の展示の間に個展開催を決意した。

 

今回のモデルは、俺が共同主宰した「絵露愚乱末世4」のイベントや、出展していた「カレイドスコープ#002」のイベントでも舞踏を披露してくださった大岩英夫(現 大岩 巌)さん。

筋金入りの美術家であり舞踏家。どちらのイベントでも堂々とした路上での舞踏パフォーマンスは見る人を魅了した。彼の作品が所狭しと並ぶ高円寺のご自身の居酒屋は、なんというか、とても清らかだ。

実は大岩さんを撮影する前に、モデルさんは二人決まっていた。しかし、大岩さんにモデルになっていただくことをお店にお邪魔して打診した際、すぐにオッケーをいただいたのと、今週末に踊るよ!と聞いたので、ならその場で撮ろうということに決まってしまった。

もちろん、今回も多重露光撮影。しかも今回はぶっつけ本番。大岩さんがどう踊るのかもわからない。でも撮れると確信していたし、撮るしかないという覚悟があった。

撮影日の数日前、台風が関東に接近することをテレビでは囃し立てていた。当日、暗い曇り空。野外で多重露光をするには絶好の条件。イベント会場に昼過ぎに到着するも大岩さんが見つからない。

思い切って携帯電話に電話すると、なんとか空も持ちそうだし、4時前後から準備を始めると聞いたので、チャンスだ、と思った。

 

そして、4時前に公園に行くと、大岩さんが着替えつつ、身体に白粉を塗って準備を始めていた。どこらへんで踊るのか、どれぐらいの時間踊るのか、ぐらいしか聞かず。

 

 

待ち時間の間、俺が準備したのは、イベント会場の近くにある、たまたま見つけた花屋で、たまたま見つけたひまわり。

 

大岩さんは踊り続ける。

俺は多重露光(今回は三重)を何度も何度も繰り返す。大岩さんを撮っては、振り返り移動して花を撮るをひたすら繰り返す俺を、たぶんその場にいた人は何をしているのか、ほぼ意味がわからなかっただろう(苦笑

小一時間ほどして、撮れたことを確信した俺は、大岩さんの記念になりそうな写真を撮ることにシフト。

踊り終わった大岩さんにお礼を言って、プリントをお渡しすることを約束した。

撮り終わってから、いくつか不幸なことが重なり、結局この写真を完成させたのは10月に入ってからだ。

そして、ようやく個展を告知できるところまで来ることができた。

 

来年の1月、新宿眼科画廊でお会いしましょう。

明日15日から23日まで高円寺で展示します。

暑いですね・・・。「。展」も終わり、バタバタしているうちに告知が遅れてしまいました。申し訳ありません。

高円寺の「Gallery Cafe 3」さんの企画展に出展します。
在廊日はいまのところ、初日はできるだけいようと思っておりますが、参加者も多いことから、居場所があるかどうかわかりません(笑

よろしくお願いいたします。

高円寺の Gallery Cafe 3 さんの企画展示にお誘いいただきましたので、僭越ながら出展させていただきます。
3 さんは私が初個展をした「百音(もね)」という店があった同じ場所にあり、店も店主も変わったのに、いまだ当時のお客さんが多く通ってらっしゃる素敵な(不思議な)お店です。

017年7月15日 土曜日より、7月23日 日曜日まで、
Gallery Cafe 3 企画展#002 「カレイドスコープ」を開催予定です。
昨年に引き続き、3にゆかりのある表現者のみなさんにご協力いただき、多彩な表現の共演をお楽しみいただきたいと思います!
参加予定作家(順不同、敬称略)
佐藤藍子 浜崎仁精 林 明日美 堀江裕子 團上祐志 坡山海香 人見 将 Masashi Furuka 川村双葉 斎藤史佳 雅yuki Yoshida

イベント告知Facebookページはこちら

52 No Reason 第42回撮影

42回目の撮影日は2017年2月のある日。前回の撮影で制作再開をしたものの、そこから9ヶ月ほど空いてしまった。

モデルをすることが決まっていたMさんには申し訳なかったのだけれど、進展がなく半年ほどが過ぎてしまった。テーマも撮り方もまったくと言っていいほど思い浮かばなかった。

「死後の世界」というモチーフに変えて、撮り方を変えたことも大きいが、自分の固定観念が強すぎて、それを乗り越えられずにいた。

しかも、2017年になってから、記事に書いたように「自分の昔の作品を超えられないのではないかと諦めていたことに、気づいた」のだった。

ここについては補足しないと、今回の記録の意味が薄まってしまうので書いておきたい。

ご存じのように、俺は有名なフォトグラファーでも、売れっ子でもない。
それにもかかわらず、ヘアメイクさんやスタイリストさんやアシスタントをしてくれた方達は、とても協力的で制作力もすばらしかった。

 

初代ヘアメイクの鈴木あさみさんは、いまではパリで大活躍してる。

スタイリストの赤田さんは、いまは瀬戸内海でぶっとんだくらしをしているし、

鈴木めぐみさんもスタイリストを続けらていて、

みんなそれぞれの人生を歩んでいる。とても喜ばしいことだ。

 

超スーパーヘアメイクのNatsukiさんは、俺が制作をしていない間でもイベントなどで教職してもらったり、撮影仕事でもご一緒してもらっていたりで、いつも頭が上がらない(苦笑)

 

 

とにかく、手伝ってくれた方々が、ことごとく存在感が強くて、表現力も俺が求める以上のものや考えつかないものを生み出してくれた。

しかし、スタイリストさんの作品に与える影響は大きく、その不在が俺を無意識に諦めの境地に引きずり込んでいた。

スタイリストさんがいないと、昔の作品の出来を超えられないのではないか、と心のどこかで決めつけてあきらめていた。

スタイリストさんを募集する難しさも昔から知っているし、今じゃあ協力してくれる人なんて見つからないだろうと勝手に決めつけていた。

 

そのことに気づくのに、半年以上かかった。

 

 

転機は、今年の1月ごろにたまたまmixiのコミュニティで、半年前の俺の別の作品撮りでのスタイリスト募集に、「いろいろなフォトグラファーさんと作品撮りしたい」とある女性から反応があったことだった。

メッセージで経緯を説明し、半年前の作品ではなく、これから撮る「死後の世界」のスタイリングをしてくれないかと、顔合わせをして対面でお願いをしたら、何事もチャレンジしたい、と引き受けてくれた。

彼女の名前は鈴木えりかさん。

可愛らしい方でモデルもされたりしている。

そうして止まっていた歯車はふたたび動き始めた。

昔の自分の作品と向き合って、それを超えたい。

向き合わず逃げ続けて、作品を作り続けるのなんて意味がないし、そんな人生は嫌だ。

 

そんな思いを抱えながら、作品のモチーフやコンセプト、撮り方をなるべく明確にした。

モデルは昨年たまたま知り合った女性Sに頼んだ。
ありがたいことに喜んで引き受けてくれた。

 

撮影日前日、鈴木さんから体調が悪いとの相談があったのだが、どうしても困る、なんとかお願いできないかと懇願した。
彼女は、わかりました、と引き受けてくれた。ガッツがある方だなと思った。

 

そして当日。駅で待ち合わせ。
初顔合わせも多い。

 

スタジオは、これまでいくつもの疑似死体写真を撮影した明大前のスタジオ。
オーナーのY氏は、同業者なのだが、いつも快く受け入れてくれる。本当に嬉しい。

現場は、いつものようにNatsukiさんが雰囲気を作ってくれて和やかだ。

スタイリングは、テーマに沿いながらも、えりかさんの得意そうなスタイリングの方向性でお願いしたのがバッチリハマった。彼女は作品のコンセプトから「補色」というスタイリングのコンセプトを勧化てくれて、それも作品にマッチした。

Natsukiさんのメイクは相変わらず、アーティスティックで、モデルの存在感と美しさを引き立てている。

ライティングはシンプルに。カボックを使って光を抑える。

 

そして撮影開始。
参加したみんなには言っていなかったが、俺は相当に昔ここで撮影したときのことや
昔の作品を意識して、なんとか超えたい、あきらめたくない、その一心だったので、
もしかすると、無口だったかもしれない。ピリピリしていたのかもしれない。

多重露出であることを説明していたものの、何度もなんどもモデルのふたりは入れ替わり、
ポージングや立ち位置を微妙に変えたりするのはおふたりには苦痛だったと思う。

 

 

撮影時間は思ったより短く済んだ。
最終の仕上がりのイメージが明確で、その一点に集中していたのが理由かもしれない。

おまけの写真を撮る余裕もあった。


※おまけの写真の一部をトリミングしています

 

後日談ではあるが、昨秋から俺のメインマシンが壊れてしまい、サブのノートでは色が合わず作品の仕上げができなかった。予算の都合がついて速攻、メインマシンを買い換え、まず取り掛かったのは、もちろんこの作品の仕上げだった。

関係者に仕上がりデータを送ったのは撮影してからほぼひと月が経っていた。

我慢強く待っていただけたみなさんにここでもお礼を言いたいです。

ありがとうございました。

またこれに懲りずに、お願いします。

 

できあがった作品は、以前の作品を上回ったかどうかは、かなり方向性が違うので単純に評価しづらい。
いつも通り、見た人の評価に委ねるしかないのだが。

自分にとっては、また一里塚的な作品のひとつになったと思う。