02 御苗場にて

3月は渋谷の「SUZU CAFE」にて展示していたり、そのイベントだったりで、なんかバタバタしていた。今思えば、本当に時間がなかったんだなぁ、と思う。

another capture of "a shape of beauty"

そして、次の作品のことを考えはじめる。
もっと非日常を増やした、わかりやすい写真を撮りたい
「きれいで、明るい、死体」それがはじまりだった。

そして急速に言葉とイメージが集まってきた。

まだぼんやりとした宇宙の始まりの「ガス雲」みたいな状態だけど。

そして、御苗場の搬入にミスって、しかも、展示作業中に現場で冷静になることが出来ず、わけのわからない展示になってしまった。

土日の講評のために、会場に行くも、自分のブースには恥ずかしくていられない、展示を止めて帰りたい、と精神状態がどん底に。

会場で、月村さんに電話して、助けを求め、ようやく落ち着くも、やはりつらかった。

01 御苗場まで

そもそもオレは、写真で「日常にある非日常」を撮っていた。
初めて人前で展示した「Alices ~prople in tokyo~」では、日常の中のちょっとした不安や不満という「違和感」をテーマに、「不思議の国のアリス」を表現のコンセプトとして作成していた。

それより前にさかのぼれば、スナップにおいても同様で、ふとした瞬間に気になる光や影、形、色…そんなものばかりを撮っていた。

時は流れて、2009年の3月。
「御苗場」というイベントに出展するために、作品撮りを考えた。ちょっとインパクトがあって、不思議な絵を撮りたい。

そう思って撮ったのが、
「a nymph in a short rest」という作品。オレの中では、「非日常側から日常を見る」という視点で撮ったもの。これを大判のパネルにして展示することにした。

a nymph in a short rest
a nymph in a short rest